image_pdfimage_print

トルコライス

長崎では洋食店喫茶店で定番メニューになっているそうです。
今回僕はトルコライス発祥の店と言われている、ビストロボルドーという洋食店に行ってきました。

店のある場所は、路面電車の思案橋駅から歩いて5分くらいのアーケード商店街(浜町)の2階にありました。店構えはこじんまりしていて、喫茶店のような感じの店でした。

ビストロボルドーの入口

階段を上がって中に入ると女性が席を案内してくれました。
店内は広くないですが、清潔感はとてもありました。

店内の様子

メニューにあるトルコライス(昔ながらの)1200円を注文しました。この店ではトルコライスは10種類くらいありましたが、発祥の店で食べるので伝統的なトルコライスがいいと思いました。

トルコライス(昔ながらの)

左からドライカレーカツレツナポリタンスパゲティーが一つの皿にのっていました。
ドライカレーから食べました。少しピリッとしていますが素朴な味でした。福神漬けも付いているところが、洋食店らしいと思いました。次に食べたカツレツは上にかけられたソースがとても合っていて、これは絶品でした。最後に食べたナポリタンスパゲッティは、子供の時どこかで食べた味がして懐かしかったです。
一皿で三つの料理が楽しめるのは、欲張りなお客さんに寄り添った素晴らしいアイディアだと思いました。人気が絶えないだけあって、とても美味しかったです。

メニューに食べるミルクセーキというのがありました。長崎のミルクセーキは独特らしいことを何かで見たか読んだりして知っていたので、食後に注文しました。食後のデザートとして頼むと値段が割安になりました。

出てきたミルクセーキはアイス状になったミルクセーキでした。それで、「食べる」とメニューに書いてあった理由がわかりました。
水分が小さい氷になっていたりして、クリームっぽいところとシャリシャリしているところを、同時に味わえるのが良かったです。。ミルクセーキは微妙な甘さが美味しかったです。。

行ったのは平日の夜でしたが、若い人を中心にお客さんがポツリポツリと来ていました。カップルや小さいグループが多かったですが。一人で来ている男性もいて、街中の洋食店といった感じがとてもいいと思いました。。

寒ざらし

寒ざらしは長崎市ではなく、島原市の伝統的な甘味だそうです。

人気の観光地である眼鏡橋のたもとで営業している、「めがね橋茶屋 花ござ」という店で食べられることを知って行ってみました。

めがね橋茶屋 花ござ

2階にも席があるようでしたが、一人だったので1階のカウンター席に座りました。(1階はカウンターしかなかったです。)
抹茶とセットになっているものを注文しました。

寒ざらしと抹茶のセット

白玉沖縄の黒糖で作った甘い蜜がかけられていました。小さく削ったものっていました。
黒糖味が独特で初めて食べる味でしたが、とてもサッパリしていました。
抹茶も美味しかったです。

この店は昼はランチを提供していて、夜は居酒屋になる店らしかったですが、厨房にいる二人は女性でした。どうも女性だけでやっているみたいでした。
ランチメニューもなかなか充実しているので、お客さんはほぼ満席でした。
メニューの写真を撮りました。
「花ござ弁当」1200円です。

花ござ弁当の写真

この内容で1200円はコストパフォーマンスがとてもいいのではないかと思いました。
次は「具雑煮」850円です。

具雑煮の写真

この料理も島原市の伝統料理らしいです。

メニューを見てランチにお客さんが混んでるいるのがわかりました。
女性だけでやっているので、お客さんに対していろいろ気を使いながら調理したり、接客していて良い店だと思いました。そういうところもこの店の人気の秘密かなと思いました。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

お問い合わせフォーム