image_pdfimage_print

たつの市

「觜崎屋(はしさきや)本店」しょうゆ饅頭、甘酒饅頭

龍野重要伝統的建造物群にある老舗の和菓子屋さんが、手作りしている名物の饅頭です。
包装紙を見ると、明治天皇・皇后にも献上していたことが書いてありましたので、かなり古いお店だと思います。
家族でやっているお店で、ご主人も奥さんもとても優しい人でした。そのため、お饅頭にもその暖かさが入っているような気がしました。

觜崎屋本店
左・しょうゆ饅頭 右・甘酒饅頭

しょうゆ饅頭は薄い皮にしょうゆが入っているので、少し茶色をしています。何となくしょっぱい味ですが、それが中に入ったこしあんの甘さに丁度合っていました。
甘酒饅頭は食べていると口の中に甘酒の味が広がりました。中はさっぱりした粒あんでした。

「大黒屋丹治」そうめん最中、かさね岩(大栗まんじゅう)

創業は明治40年という老舗和菓子店のお菓子です。そうめん最中は家に帰って包みを開けたら、こなごなになって潰れてしまっていたため、写真を撮れませんでした。
最中の皮の部分がソーメンのように縦線が入ったデザインのお菓子でした。
包みの中には、長さが5センチくらいの長方形をした、小倉あんと抹茶あんの最中が一本ずつ入っていました。
どちらのあんこも甘くて、最中らしい美味しさがありました。

そうめん最中

かさね岩白あんの中に大きくカットした栗がゴロゴロと入っていました。
白あんはあまり甘くなかったです。上にのっているケシの実が香ばしかったです。

かさね岩

「ヒガシマル食品」特上うどんスープ のれん味

一人前入り18袋はいっています。この大きさの商品は龍野でしか売っていないそうです。
うどんつゆの素ですが、白菜などにかけると漬物のような味になってとても美味ししいと、龍野の大正ロマン館の女性職員の人が勧めてくれました。
このスープの素を使ったうどんやそばを食べましたが、薄口醬油がベースなので色が薄い汁でした。そのためか、少し独特な風味がしましたが、美味しかったです。

うどんスープ・のれん味

岡山市

「大手饅頭伊部屋」大手饅頭

1873年(天保8年)以来180年以上に渡って作られている、老舗和菓子店の名物饅頭です。
皮に甘酒が入っているので、味にコクがありました。この甘酒から店内で作っているとパンフレットに書いてありました。それ程のこだわりを持って作っているのだから、美味しいのに決まっていると思いました。。
岡山出身で昭和時代の名著述家の内田百閒さんは、そのエッセイの中で、「大手饅頭が好きなので知人の誰かが岡山に行くことを知ると、おみやげに買ってきてもらう」と書いていました。

大手饅頭の外側パッケージ
大手饅頭

「古見屋羊羹」高瀬舟

正確には、岡山市ではなく真庭市の老舗菓子店です。
パンフレットを見ると創業して250年と書いてありました。
羊羹らしくとても甘いですが、味に何とも言えない深みがあって、これが伝統の味かなと思いました。

昔は海と山の産物を乗せて川を行き交った高瀬舟を思わせる、小さな長方形の羊羹でした。
ネーミングと大きさにこの店の工夫を感じました。
甘くても二本、三本と続けて食べることができました。

高瀬舟羊羹の外側パッケージ
高瀬舟羊羹

「廣榮堂本店」元祖きびだんご

1856年(安政3年)から作られている老舗菓子店のきびだんごです。
食感はモチモチしていて、甘くないので続けて食べることができます。
元々は、茶会の菓子として用いられていたようです。
岡山と言えば桃太郎、桃太郎と言えばきびだんごが有名なので、岡山のおみやげの定番だと思います。

元祖きびだんごの外側パッケージ
中の箱のデザイン
元祖きびだんご

たつの市と岡山は、100年以上歴史がある老舗和菓子店が、おみやげになるお菓子を作っていました。
材料も人々の味覚も100年前とは変わっているので、昔とまったく同じものではないかもしれませんが、製法などはほとんど同じではないかと思います。そのようなお菓子をおみやげとして現在も食べることができるのは、とてもうれしいことだと思いました。
また、この地方にとって100年ぐらいはたいした時間ではないような気がしました。
とても古い文化的な歴史を持つ町の偉大さを、お菓子にも感じました。


お問い合わせフォーム