image_pdfimage_print

諏訪市の高島城の最寄り駅は「上諏訪駅」です。

上諏訪駅

駅を出るとすぐ隣に観光案内所があるので、地図をもらい高島城を目指しながら、諏訪湖の散策も出来るコースを紹介してもらいました。
諏訪湖は遊歩道が整備されていて、地元の人達も多く散歩していました。この遊歩道は「かりん並木」になっていて、とても気持ちいい道でした。

かりん並木(右側が諏訪湖)


諏訪湖から離れて10分くらい歩くと高島城址に着きました。

堀と橋
城門

堀に掛かった橋を渡ると城門があるので、くぐって中に入って行きました。
昭和45年に再建された天守が建っていました。

天守

天守の石垣は野面積みの乱積みに見えました。江戸時代の石垣かどうかはわかりませんでした。
安土桃山時代は諏訪湖に突き出していて「浮城」と呼ばれていましたが、その後干拓が進み平城になったようです。天守の前には整備された庭園が広がっていました。

庭園

庭園の中心は池で、池の周りにに大きい石や盆栽のような木が植えられていました。

全体的にたいへん良くまとまっている城でした。
現在と違って諏訪湖の岸辺に建っていたら、かなり人気の城になっていたかもしれないと思いました。

高島城から上諏訪駅に戻る道は「けやき並木」になっていました。

けやき並木

標高の高い高原の町で、近くの霧ヶ峰白樺湖はリゾート地として有名です。
しかし、この地域は縄文遺跡もあり、諏訪大社もあるという、古代から延々と続く文化を継承して来た所です。町の雰囲気にはそのようなものが確かに残っていると感じました。

諏訪観光協会のサイトhttps://www.suwakanko.jp

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッといただけると励みになります!

お問い合わせフォーム