image_pdfimage_print
青山美智子著(ポプラ社)

久し振りに、読みながら元気をもらえる本に出会いました。短編が五つ入っていますが、どの話にも同じ図書室の同じスタッフが登場するところがこの小説のミソです。
各話ごとに主人公がいますが、みんな現在の日本ではどこにもいる人ばかりです。職業はスーパーマーケットの服飾部門で働く若い女性、会社で経理の仕事をしている若い男性、小さい子供が一人いる元雑誌編集者の女性、自分に向いた仕事を見つけられなくてニートになっている若い男性、定年退職したばかりの初老の男性です。
しかし、この小説の本当の主人公は図書館司書の中年の女性で、それがひとつの仕掛けになっています。

各章の主人公たちはそれぞれ悩みを持って生活していますが、ちょっとした巡り合わせで、コミュニティハウスの中にある図書室にたどり着きます。そして、図書館司書に紹介された本を読むことがきっかけになって、考え方が変わり新しい価値観を手に入れていきます。

図書館司書の紹介する本は、それぞれの人が元々探していた本の他に、まったく関係のない本がなぜか一冊加えられています。そして、この一冊が借りていく人にとても大きな影響を及ぼしていくのです。もちろんその本がどんな内容なのかは、話の流れの中でだいたいわかるようになっているので、その本を後から自分も読みたくなります。
また、図書館司書の女性が、「おまけ」と言って自分が作った羊毛フェルトの小さな一品を毎回プレゼントしますが、これが悩んでいる人にちょっとしたヒントをもたらしたりしするところも面白いです。

各章の主人公たちが、落ち着いた気持ちを得て、本当に自分がやりたいことを見つけていく話でした。この本を読んでとても前向きな気持ちになりました。

お問い合わせフォーム