image_pdfimage_print

岡山というのは長い歴史を持つ吉備の国の現在の中心地です。
歴史の深さは人々の気質に、今も何か影響を及ぼしている気がします。
今回、街を歩いてそんな何かを発見できたらうれしいです。

岡山駅は駅ビルが大かったです。5階まである商業施設の「さんすて岡山」が入っていました。
さんすてとは「サンステーションテラス」の略称で、岡山以外ではで、倉敷福山の各駅にも入っているようです。
飲食店、服飾、お土産店と駅ビルに必要な店がたくさんありました。

駅ビル・「さんすて岡山」

駅の地下にも広くショッピング街が広がっていて、たくさんの人が歩いていました。。
かなり大きくて、名古屋駅の地下街を思い出しました。
写真は人通りが途切れた時に撮りました。

岡山駅・地下街

岡山駅のバス乗り場前には、猿と犬を連れた「桃太郎像」が立っていました。これは当然だと思いました。

桃太郎像

JR岡山駅と道を挟んだ向こうから、路面電車が走っていました。岡山城後楽園にいく時は、バスより本数が多いのでこの電車で行った方が良いと思いました。。
路面電車の走る街は、それだけで情緒的な感じがして僕は大好きなので、うれしくなりました。

路面電車・「岡山駅前」停留所
夜の路面電車

夕方、路面電車に乗って岡山城を見に行きました。3番目の「城下」という停留所で降りて、東側に5分くらい歩くと公園のような所に出ました。
そして、後楽園とつながっている月見橋を過ぎた辺りで、最初に天守閣を見ることができました。
夕陽に照らされて、きれいでした。

天守閣(月見橋側より)

門をくぐって天守閣の建っている広場に行きました。

少しの階段を上がると、堂々とした素晴らしい天守閣が正面に見えました。。
僕は40年ぶりに見ましたが、変わっていなかったです。
石垣は打込接ぎの布積みではないかと思いました。

岡山城・天守閣

だんだん夜になるにつれてライトアップされてきました。

ライトアップされた天守閣

翌日、後楽園に行きました。

後楽園

後楽園はとにかく広くて、所々に池があり、建物が建っていました。
そのためか、他の普通規模の大名庭園に比べて、特に凝った庭造りをしているわけではないという印象を持って歩いていました。しかし、ある場所まで来ると素晴らしい庭だったのだと気が付きました。それは後ろにそびえる天守閣との組み合わせです。

天守閣と後楽園

この天守閣と広い庭の組み合わせは、なかなか他で見るのは難しいのではないかと思いました。
この美しさをつくった人の感性は、日本人ならではのものかもしれません。
庭の木の高さや配置が絶妙だと思いました。とにかく、素晴らしいものを見ました。

後楽園から月見橋を渡り、お城の横を通って街中へ行ってみました。
県庁の前に石垣が残っていて、県庁所在地の城下町らしいなと思いました。

県庁前の石垣

県庁の横の道は「県庁通り」という名前が付いていて、繫華街につながっていました。
通りを歩くとすぐ右側に岡山県立図書館がありましたが、大きくて立派な図書館でした。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_2396-1024x768.jpg
岡山県立図書館


図書館を通り過ぎると路面電車の線路があり、その向こうに「表町商店街」というアーケードの商店街が南北に広がっていました。。隣には「天満屋」もありました。

表町商店街

商店街はかなりの人が歩いていました。若者達で賑わっているカフェもありました。

表町商店街のカフェ

路面電車の「城下」停留所の方に歩いて行くと大きな時計塔がありました。

時計塔

アーケードの商店街に、このような大きい時計塔を設置するというアイディアは、関東地方などではあまり見かけたことがないように思いました。
このような感覚が岡山らしさかもしれないと思いました。

駅ビル「さんすて」の2階にある「吾妻寿司」という寿司店に行って、「ままかり寿司」という岡山の郷土料理を食べました。
岡山に行くことを決めた時から、この店に行って食べようと決めていたのです。

吾妻寿司(奥にカウンターやテーブル席がありました)
ままかり寿司

「吾妻寿司」創業が明治45年の老舗で、店はテーブル席とカウンターがありました。
カウンターの中は3人の職人がいました。
「ままかり寿司」はその名の通り「ままかり」という魚の握り寿司で、この魚が岡山の瀬戸内海でよく捕れることから岡山の名物になったみたいです。
「こはだ」のような味でしたが、尻尾の方がすこしコリッとしていました。値段も「こはだ」並みの6貫で1000円前後でした。
僕は青い魚が好きなので、とても美味しく食べることができました。
この店は、サービスで味噌汁も出してくれました。

サービスの味噌汁

この店で岡山らしいネタをみつけました。それは「黄ニラ」というニラの握り寿司です。1貫で200円だったと思います。写真を撮り忘れてしまいましたが、シャキシャキした食感で、ニラと寿司飯の相性が思った以上によかったです。醬油を付けずに食べるものだと、職人さんに教えてもらいました。

岡山は駅の周りに飲食店がたくさんあり、街を歩く人も多くてとても活気がありました。
歴史や伝統のある街ですが、新しさもたくさん感じることのできるとても良い街でした。


お問い合わせフォーム