image_pdfimage_print
保坂和志著(新潮文庫)

本のタイトルになっている「この人の閾」を含む四つの短編が入っている本です。
保坂和志さんらしく話の内容はとても淡々としていますが、簡単に言葉にならない人間の微妙な心のひだが書かれています。特に一つ目の「この人の閾」は主人公と大学時代のサークルの先輩で今は家庭を持っている女性との会話が話の中心ですが、会話中に先輩に対していろいろと気付いていく経過が読みどころです。
少し抜き書きしてみます。

『「三沢君って、昔からけっこうヒューマニスト的なところがあったわよね」
ヒューマニスト的?ぼくは小さく笑っただけだったが、聞いた途端に悲しいような気持ちが起こった。記憶の中の真紀さんといまの真紀さんの違いを感じたのだ。サークルのあの部屋でしゃべっていた頃の真紀さんだったら〝ヒューマニスト的〟というような安直な言葉は使わないはずだった。
 そういう何でもかんでも十把ひとからげにして雑に結論づけてしまうような週間誌や新聞記事みたいな言葉をむしろ一番嫌っていた、というか敏感だったのが真紀さんで、ぼくは不用意な言葉をずいぶん指摘された。』

また、学生の頃にはよくわからず誤解していたことが、久し振りに会うことで実像がわかったりした以下のやり取りも興味深く読みました。

『「あたしって、そういうことに対してじつはすごくおくてだったのよ。
 理屈ばかり言っててさあ、行動が伴ってなかったから━、セっちゃんなんかの方があたしよりよっぽど大胆なことしてたよね」
 やっぱりそうだったのかと思った。
 真紀さんははじめて見たときからすごく大人っぽい様子をしていたけれど、案外何もしていないんじゃないかというのは真紀さんが卒業する頃になってぼくも感じるようになった。』

このように初対面の先輩に対して「高校時代までは出会ったことのなかった、よくわからない少し不思議な人」という印象を感じた経験を持つ人はたくさんいるのではないかと思いました。
この話の中では不思議な人「真紀さん」も結婚して子供が出来て専業主婦を長年やっているうちに不思議度が落ちてしまったというか、主人公の「三沢君」も人生経験積んで見える範囲が広くなったのだと思いますが、久し振りに会った人との会話で自分も変わったことを知るのも人生の味わいだと思う話でした。

ただ専業主婦の「真紀さん」が最近は長い話の本ばかりを読んでいると告白し、その理由が「長い話は読み終わるのに時間がかかるから次に何をよもうかと迷う頻度がすくなくてすむことと、どうせ一気に読めないと思っているから読むのに中断されることに何の抵抗も感じないこと、それに長い話の方が緩くできていて自分の生活のテンポにあっているんだというようなことを言い・・・」というところを読んだ時「真紀さん」はやっぱり今もどこか変わっていて、そして読書好きで、それはとてもいいことだと僕は思いました。

お問い合わせフォーム