image_pdfimage_print

僕は車窓を見るのが好きなので、移動はなるべく明るさが残っている時間帯までにすることを心掛けました。(諸事情により完璧にはできない日もありました)
それから、僕は特別に電車や駅に詳しい訳ではないので、このブログもかなり主観的な内容になると思います。

八高線(八王子駅⇒高崎駅)

八高線の車窓の写真は撮りませんでした。都内始発の電車ということで、不審者だと疑われることを避けました。別に、大丈夫かもしれませんが、一応用心しました。

八高線は東京都の八王子駅を出発して埼玉県を横切り群馬県の高崎駅まで行きます。約1時間30分で三つの都県を走り抜けるという興味深い路線です。

八王子駅を10時48分に出発すると11時05分東福生駅です。線路のすぐ横にアメリカ軍の基地を見ることができました。

11時14分に金子駅。ここから埼玉県です。駅から狭山茶の看板が見えました。この辺りは狭山丘陵の西側でお茶の栽培が盛んな土地柄だったことを思い出しました。

11時20分に東飯能駅。駅の手前に駿河台大学の新しくて大きな建物複数が見えます。

11時25分に乗換駅高麗川駅(埼玉県)に到着します。ここは奈良時代(平城京)の716年に大和朝廷が、駿河国、甲斐国、相模国、上総国、下総国、常陸国、下野国に在住していた朝鮮半島の高句麗からの移住者を集めた場所らしいです。

11時32分に乗り換えた電車が高麗川駅を出発しました。一つ目の毛呂駅の左側は埼玉医科大学の大きな建物などが見えました。越生駅(おごせ)を過ぎたあたりから左右の山の間を走るようになってきて関東平野から抜けた感じがしました。

そして、竹沢駅折原駅の間は完全に谷を通っている感じになりましたが、寄居駅から高崎駅は平野部に出ました。この辺りが関東平野の西北端だろうと思いました。

高崎駅に13時00分に高崎駅に到着しました。

上越線(高崎駅⇒長岡駅)

高崎駅13時03分発の水上駅行きに乗りました。乗り換え時間が3分しかないので、八高線のホームの先か反対のホームでこの電車が待っていたのだと思います。新前橋駅渋川駅ぐらいまでは住宅地の中を走りました。

渋川駅からは利根川沿いにだんだんと山の中に入っていく感じになりました。渋川駅から沼田駅の間は右側に赤城山がしばらく見えていました。
そして、だいぶ山間部に入ってきた頃の14時12分に水上駅に到着しました。

水上駅

水上駅は水上温泉にある駅です。水上温泉は500年くらい前に温泉が発見されたそうです。
そして、若山牧水、太宰治、北原白秋、与謝野晶子などの文人がかつて訪れたようです。温泉街を抜けたあたりに、水上橋紅葉橋といった橋があってそこから見る利根川の渓流は美しかったです。

紅葉橋から見た渓流

温泉街を一回りしてもまだ電車に乗る時間に余裕があったので、「水上歴史民俗博物館」に行ってみました。この辺りにも縄文時代から人が住んでいたことがわかりました。飲み水、山の食物、川の食物などが比較的容易に得ることができたのだろうと予想できます。水上駅を17時49分発の電車に乗って越後湯沢に向かいました。
僕は初めから水上温泉を散策する目的があったし、事前に調べてわかっていたので問題はなかったですが、14時12分に水上駅に着いて越後湯沢方面に向かう乗り換え電車はこの17時49分まで全く無いのです。有名な温泉駅のわりには本数の少なさにビックリします。
スムースに乗り換え出来る電車もあるので、上越線を一気に走りたい人は時刻表で確認しておいた方がよいでしょう。僕が散策を終えて駅に戻って来た時は、まだ16時30分くらいでした。駅構内のキオスクはしばらく前に閉店になってしまっていたので仕方なく自販機のコーヒー(紙コップ)などを飲みながら、今回持参した本「ひとり旅は楽し」(池内 紀)を読んで時間を過ごしました。

水上駅から越後湯沢駅に行く途中の湯檜曾駅(ゆびそ)と土合駅(どあい)の下りホームは新清水トンネルの中にありました。つまり地下駅です。以前テレビの旅番組で紹介されていたことを思い出しました。土合駅の地上に上がる階段は462段あるそうです。
水上駅と越後湯沢駅の間は上り線になるとループ線になっている所が2か所もあるという、乗り鉄ファンにとっては興味深い線区です。帰りはそのループ線を体験してみようと思いました。
川端康成の小説「雪国」の冒頭のトンネルは現在の登り線で使われている清水トンネルの方ではないかと思います。(小説の当時は単線だったので)

土合駅のホーム 右側に見えるのが地上に上がる階段だと思われます

18時22分越後湯沢駅です。長岡行きの乗り換えまで25分間あったので、改札口を出てお茶とお菓子を買うことにしました。改札口の右側にかなり大きいショッピングエリアがあって驚きました。

越後湯沢駅 ショッピングエリア

温泉客の他にスキーシーズンには、東京方面から新幹線で大勢くるのではないかとと思いました。
苗場スキー場をはじめ、この辺りは大きなスキー場がたくさんある印象があります。新幹線なら自動車を運転していくより帰りが楽だと考える人は多いかもしれないです。

ショッピングエリアの入口を少し見てから、改札口に近いNew Daysに行きました。そうしたら「元祖浪花屋 柿の種」という袋を見つけたのでお茶といっしょに買いました。

越後湯沢駅を18時47分に出発して、長岡駅に20時10分に到着しました。電車の社内がだいぶすいていたので柿の種を食べてみましたが、これがめちゃめちゃ美味しかったです。パッケージの裏を見ると大正13年から作っていることが書いてありました。

長岡駅で20時10分発の新潟駅行きに乗り換えました。夜8時を過ぎていたため外の景色はもう見れませんでしたが、帰り見ればいいと思いました。
新潟駅に21時27分に到着しました。1日めはここまでとして新潟駅前のホテルに宿泊しました。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!