image_pdfimage_print

福井県の家庭料理が食べられる

今まで、福井市のホテルを2回利用しましたが、二つのホテルとも朝食バイキングに福井県の郷土料理や、素朴な家庭料理がノーマルなホテルの料理と一緒に皿を並べていてうれしくなりました。
ホテルを予約する時、ホテルのホームページで事前にその情報は得ていましたが、種類も多く美味しくて満足しました。

郷土料理の種類

季節によってメニューは変わると思いますが、思い出してみます。
「里芋のころ煮」「さばのへしこ」「てっちようかん」「焼き鯖寿司」「焼き油揚げ」など食べましたが、その他にもまだまだあったと思います。

ホテルフジタ福井
自分が食べたもの

写真は、真ん中に「越前おろしそば」「具だくさんの味噌汁」「かに雑炊」が写っていますが、他にもいろいろありました。(私のミスで写真がこれしか残ってない事が判明。申し訳ありません。)
この時は特に「かに雑炊」が最高に美味しくて、おかわりしてしまいました。

写真とは違う別のホテルは昼のランチバイキングもやっていて、朝と同じように福井県の家庭料理
たくさん並んでいました。(料理の種類もたいへん多いので、お腹をすかしてから行った方が楽しめると思います)
値段は確か1500円前後ぐらいで、かなりコストパフォーマンスが良かったです。

写真のホテルは「ホテルフジタ福井」
ランチバイキングも行っているのが「ホテル リバージュ アケボノ」です。
二つのホテルは駅から徒歩10分前後の所にあります。市役所から近い場所なので、路面電車やバスで近くまで行ってもいいと思います。
特に路面電車は少し珍しいので電車好きにはたまらなく楽しいです。途中下車せずに終点まで行ってから引き返してホテルに行くのが僕のお勧めです。路面電車がカーブを曲がる時のきしんだ音揺れが普通の電車とはやっぱり違う感じがします。電車の乗り心地の良さとは逆向きの、物理的な現象を直感的に感じることができて面白いです。


他にも郷土料理の食べられるホテルはありそうなので、調べてほしいと思います。
とにかく、福井は食べるものが美味しいので、私は毎年行きたいくらいです。
街に吹く風も大きな城下町らしい香りがあって、僕は福井がとても好きです。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

お問い合わせフォーム

ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッといただけると励みになります!