image_pdfimage_print
日本風景論
加藤典洋著(講談社)

「風景」を話の主題におきながら古今東西の小説の評論をしていく本です。
そしてどの小説に対しても批判ではなくて、その小説が書いている深い本質を読み解いていく内容は読み応えがとてもありました。

最初は村上春樹さんがよく使う「やれやれ」という主人公のセリフが村上春樹さんの小説世界にどの様な性格を作っているのかを考察していきます。
僕は村上春樹さんの初期の小説が好きだったので、この話はとても興味深く読めました。

また、吉本ばななさんの小説は漫画的だけど、真実は今までになかった不思議な力を持つ小説世界になっていることを説明しています。

この本の中で紹介されている本をかつて読んでいたらまた読みたくなりますし、読んでいない本は読んでみたくなりました。
小説についてのこのくらい深く読み込んだ評論を読むと、社会、時代、人生などについて自然と思いをめぐらすことになりました。

お問い合わせフォーム